沖縄本島を飛び越え島に移住して早10年。天然色の沖縄をファインダー越しでお届けしちゃうよ。
OKINAWA YURUYURU'S DIGITAL PHOTO
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クレナイ Color
2005年 11月 30日 (水) 21:19 | 編集



クレナイニセスズメという魚。沖縄の広い範囲に分布している普通種。
水中で光を当てないと濃紺一色だけど、ライトを当てるとクッキリとクレナイ色が浮かび上がってくる。
クレナイ色というかショッキングピンクといったほうが良いのか分からないが、なんともキレイな魚。
割と臆病で「それ以上近づいたら、引っ込むかんねっ!」と言わんばかりの目が特徴的。
カワイイのである。・・・こういう気持ちを抱くのは、できれば水中の世界だけにしたい。
スポンサーサイト
光の届かない場所で
2005年 11月 28日 (月) 22:57 | 編集


これ何の花だろう??多分野菜系。

さて50mmが届いてからというもの、1.4のF値を試すべく常時一緒に行動している。
しかも暗い時間や暗い場所で写真を撮っていると、だんだん自分が暗い子になってくる(笑)。
沖縄はなかなか晴れ間を見せてくれず、パキッ!シャキッ!ていう写真は撮りづらい。
昔の写真をアップしそうである。

レンズが明るいというのはスバラシイことで、105のマクロでも感動したが、デジタルでは手振れとの戦いで、窒息死しそうである。
三脚使えばすむんだろうけど、最近逝ってしまい、足元の被写体しか見てくれず(笑)。

そろそろ待望のVRⅡレンズの発売も控えているので、三脚の新規購入は先か後か・・?
50mm
2005年 11月 27日 (日) 17:52 | 編集


待ちに待った50mmがやってきた。
メチャクチャ明るいっていうのが第一印象。しかし、天候はずっと悪くテンションは海よりも深く・・・。
実は、明るい常用短焦点レンズがほしかったのは、夜や室内でのスナップを撮りたかったからで、夜の徘徊した時のいくつかの写真があるのだが、本来のこのレンズの良さってなんだろ?と思い、花を撮ってみた。
このクラスの短焦点レンズは初めて使うのだが、ボケがすごいです。
また、明るすぎるので、昼間は露出補正フィルターがいるかも。

しかし、D70の場合(デジタルの場合)画角が個人的には微妙で、いろいろ試行錯誤してコメントすればいいのだろうけど、35mm買っとけば良かった・・・と今のところ頭から離れない。
BLUE+YELLOW
2005年 11月 22日 (火) 23:58 | 編集


しかし、このところ風が強く波が高い日々が続き、潜る気も失せてくる。
仕事で潜っていた時とは打って変わって、今では超軟弱なダイバーになりつつある。
おかげでほとんど興味がなかったこの島を、色々見ることが出来て良かったのではないかと思うようにしている(笑)。
水中ではいろんな条件から、レンズ選びにも制限があり、選択肢はあまりないのだが、陸上でのレンズ選択というのは、迷いが生じて色々悩むことも知った。これまたカタログと出費が倍増した。

多くのレンズはそれぞれ特徴があると思うのけど、おサイフの相談から極力失敗だけは避けたい。
で、この度、撮りたいイメージを悩みまくって50mmf1.4を発注した。
久々にめっちゃ待ち遠しい。
昔のAF-Sレンズを下取りに出して・・・何を買うにしてもそのパターンが多い。
目指せわらしべ長者。
アダンの向こう側
2005年 11月 17日 (木) 20:34 | 編集


最近の沖縄はもっぱら冬の香りが漂っています。
寒いです。今日フリース類を出しちゃった。微調整できる服は持ってない。しかもアウトドア系のものばっかで、こっちで着るのにはそれぞれの性能を発揮せず(笑)

さてこの写真はF90Xを手に入れた時に、嬉しくてたまらずに撮った写真。
初めてのプロビア。現像が上がってくるまで既にプロ気分だったなぁ。
自分で自分がいとおしく思ってしまう思い出の写真。
ポジは管理が悪く既にカビが生えている。

今では防湿庫も持てる生活になれたけど、あの時には絶対に戻りたくは無いな。
copyright (C) OKINAWA YURUYURU'S DIGITAL PHOTO all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。